忍者ブログ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:Solo Quiero Caminar
製作年:2008年
製作国:メキシコ/スペイン
監督:アグスティン・ディアス・ヤネス
出演:エレナ・アナヤ、ディエゴ・ルナ、
ビクトリア・アブリル、アリアドナ・ヒル



____________________________

僕はスペイン女優ビクトリア・アブリルの大ファン。
『アタメ!』など90年代のアルモドヴァル作品で何作か主役を張っているので、
知名度はそれなりにあるかと思うのだが、
近年は本国で歌手活動にシフト気味のご様子……。
ここ日本では、2001年にペネロペ・クルスと共演した『ウェルカム! ヘブン』以来、
出演作の公開がなく、さびしい思いをしていたのだが、
昨年ようやく本作のソフト化が実現した(劇場公開はなし)。
レンタルで「新作」のタグが外れるのを待っており、
やっと観ることができたのだ、長かった……(←ケチ)。

内容的には、4人の女窃盗団がスペイン、メヒコを股にかけて
大立ち回りを繰り広げるといったアクションもの。
ただしディエゴ・ルナをはじめとする、敵役の男性陣にも充分出番が与えられている。
展開も終始シリアスでユーモア感覚に欠けるため、
女性映画に期待されるような華やかさは、ついに楽しめずじまい。

また本作はカット割りが非常に細かくて、長回しはほとんどない。
2つのエピソードを併走させる、スリリングな編集法も目立つので飽きは来ないのだが、
役者たちは大変だろうな、なんて余計な心配をしながら観ていた。
主人公が犯行現場にわざわざフラメンコドレスで赴くなど、
ラテンの刻印を常に意識させる画面作りには、好感が持てる。

そんな中、アブリルの出番に注目していたら「おやっ」と思う瞬間があった。
グロリア(アブリルの役名)が亡き母親の写真に語りかける場面があるのだが、
その老女の顔に見憶えがあったのだ。
そういえばアブリル主演の傑作『死んでしまったら私のことなんか誰も話さない』を
監督したのは、アグスティン・ディアス・ヤネス。
その時のアブリルの役名も、グロリア。
つまり本作は、グロリアのその後を描いた映画でもあったのだ。

ファンとしてこのギミックはとっても嬉しかったのだが、内容的には不満だらけ!
『死んでしまったら~』はどん底まで堕ちたグロリアが、
情深い義母の崇高な自己犠牲に支えられ、
立ち直るまでを描いた美しい作品だったのに、
また彼女が犯罪に手を染めて、最後には犬死にしてしまうなんて……あんまりだ。
この監督、時に常軌を逸した暴力表現をするし、どうも信用しきれないところがある。
『死んでしまったら~』が好きという人は、あまり観ない方がいい続編だ。

本作に出演しているディエゴ・ルナは、
ガエル・ガルシア・ベルナルと同じく
ハリウッドで成功しているメヒコ出身の俳優で、
なんとふたりは幼馴染みだという。
本作では揃って製作に名を連ねているが、出演はディエゴ・ルナのみ。
脚本にはギャング同士の絆を描く要素があり、
タイミング的にもふたりの主演でバディ映画を撮る、という手はあったはずなのだが、
監督がゴネたのだろうか。
いずれにしてもこの内容で出演したら、ハズレを引くのは、ガエル。
南米の俳優には頑張って欲しいので、変にモメてないといいけど、
なんて余計な心配をまたしてしまった。

最後に余談なのだが、アブリルが主演した2000年の映画、
『101レイキャヴィーク』を、どこかの会社がソフト化してくれないだろうか……。
タイトル通りアイスランドを舞台とした映画で、
ゲイ(レズビアン?)要素もあるらしいので、ぜひ観たいのであ~る。
ソフト化されたら、たぶん買います!

人気ブログランキングへ

拍手[1回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]