忍者ブログ
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:SCHOOLDAZE
製作国:アメリカ
製作年:1988年
監督:スパイク・リー
出演:ラリー・フィッシュボーン、ジャンカルロ・エスポシート、
ティシャ・キャンベル、スパイク・リー



_________________________________

社会から隔絶された学生寮の中で、
独裁政治の真似事を繰り広げる学生の愚かしさを、
徹底的にパロった映画。
実社会を知らないガキ大将特有の独善的な価値観は、
程度の差こそあれ、万国共通なのだ。あたりまえだけど。

「まず内ゲバを描いていた」という事実には、感心させられる。
黒人間の意見の相違というのは、映画の中であまり見かけないからだ。
ストリートのリアルさや軽さも漂うシーンとなれば、なおさら。
本作以降「それぞれの主張の乱反射」を、
より広い世界に向け描いてきた監督の歴史を紐解くと、
ちょうど布石と呼べそうな位置にある作品なのである。

個人的に最も楽しめたのは、女性同士の対決シーン。
黒人特有のアフロヘアを誇る組と、
パーマをあて茶髪に染めた女狐組が、
ミュージカル・タッチでユーモラスに火花を散らす。
ティシャ・キャンベルってどこかで見たナと思っていたら、
『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』に登場した
狂言回しガールグループのフロントだった。
華があってよい。
シンガーの故・フィリス・ハイマンもカメオ出演している。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]