忍者ブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●原題:L'Homme blessé
●製作年:1983年
●製作国:フランス
●監督:パトリス・シェロー
●出演:ジャン=ユーグ・アングラード、ヴィットリオ・メッツォジョルノ、
ロラン・ベルタン、リサ・クロイッツァー



__________________________________________

中産階級に生きながら、自らのセクシュアリティを解放できない
孤独な少年の破滅的な青春を描く。

80年代の仏映画によくある、観念的な作風。
閉塞した状況に喘ぐ少年の、
陰鬱で切迫したトーンが全体を支配しているため、観ていて疲れる。
というか、ものすごくユーモアに欠ける。
それがこの映画の描きたかった世界かもしれないし、
「思春期」とは、そんなものだったのかもしれないが。

主人公を導こうとする大人がみんなダメなのだが、特にゲイがダメダメ。
またこの時代、そのダメぶりが際立っていたであろうことは、
想像に難くない。
プライドを持っていた人は、一部の恵まれた芸術家を除くと、
みんな女装していたのでは。
そして少年は、ますます自分を追い込んでゆく。

個人的に致命的だったのは、ファッションや髪型。
アングラードをはじめとするキャラが魅力的に映っていない。
どこまでも貧乏臭い。
それも愛せるのか。いやとても愛せないのかで、
評価は割れることだろうと思う。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]