忍者ブログ
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:LE HEROS DE LA FAMILLE
製作国:フランス
製作年:2006年
監督:ティエリー・クリファ
出演:ジェラルディン・ランヴァン、カトリーヌ・ドヌーヴ、
エマニュエル・ベアール、ミュウミュウ、ジェラルディン・ぺラス



_________________________________________

邦題では「女」が前面に出ているが、
実際は落ちぶれた男芸人の再生物語。
ドヌ-ヴ、べアール、ミュウミュウの3大女優は、なんと脇役だ。
なんでこんな映画に出演したのかよくわからない……、
出演女優の中で一番おいしい所を持っていったのは、
ジェラルディン・ペラスだし。

さらに昨今のキャバレーものは、レビューや歌唱シーンを
当たり前のように切り刻むので、ホントにもったいないと思う。
実際に歌うシーンの多いべアールくらいは、
一曲ぐらいフルコーラスで見せて欲しかった。
歌手としてのプロモ出演だったとしたら、浮かばれないじゃない。

ジェラルディン・ランヴァンというのは、
フランスでは名優なのだろうか?
確かに歳の割にはきれいな身体だったが……。
老いさらばえた肉食男のロマンチシズムに共感するのってむずかしく、
終盤はやや食傷気味になった。
フランスは50過ぎても大らかにセックス・アピールを行う国らしく、
それ自体は素晴らしいし、
こういう映画があることも予想の範囲内ではあるのだが……。
平たくいうと、みじめったらしいのがイヤ。

遺言をめぐり、離散した家族が集うという設定は、
たまたま最近観た『愛する者よ、列車に乗れ』に似ていた。
当たり前のようにゲイ要素が入っているのも、同じ。
あちらが気に入った人は、この映画も気に入るかもしれない。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]