忍者ブログ
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:Filth and Wisdom WONDER LUST
製作年:2008年
製作国:イギリス
監督:マドンナ
出演:ユージン・ハッツ、ホリー・ウェストン、
ヴィッキー・マクルア



____________________________________

歌手としては、これ以上ないほど素晴らしいキャリアを
築いたスーパースター、マドンナ。
同時進行で女優としても成功を目指し、チャレンジを繰り返してきたが、
満を期して望んだ『エビータ』でも、オスカー候補にはなれずじまい。
そろそろあきらめたのかと思いきや、今度は監督業に乗り出してきた。

といっても、私はマドンナが嫌いではない。
まず彼女は並外れた努力家である。
そして映画であれなんであれ、アートへのリスペクトを怠らない、
聡明な一面を持っている。
女優として有名になりたいのと同じくらい、
純粋な映画好きでもあるのだろう。
きっと忙しさの合間を縫い、新旧のさまざまな作品を観ているに違いない。

そんな彼女の処女作ということで期待したのだが、
まず彼女が選んだ作品のテーマに、ややぐったり。
自分の選んだ表現法で世の中と関わろうとする、
アウトローな若者たちを描いた青春映画で、
ターゲットも10~20代前半までに限定された感が否めない。
マドンナは映画監督としてピチピチの新人なのだから、
このぐらいハチャメチャなテーマで映画を撮るのは悪くない。
しかしスキャンダラスな行状で
世の注目を集めてきた悪名高き彼女が、
「これが若者の流儀なのよ! クールでしょ!」とでもいわんばかりに、
えげつない演出を詰め込んできたら...。
そんな悪い予感を抱かないでもなかった。

しかし内容は思ったよりもポジティヴ。
「どんなに最低の状況でも、知的好奇心を失うな」といった
メッセージや、哲学的な問いかけが全編に詰め込まれ、
やや説教臭さが感じられるほどだ。
また突然、おしゃれ広告ぽい撮影技法を挿入するなど、
映像面での挑戦が散見される。
淡々と撮るプロット重視の新進監督が目立つ昨今において、
フックの多い映像には気骨が感じられた。

ただやはり、どうにも我慢できなかったのが、
主人公であるダメ男の妄執的なエゴイズム。
売れないバンドマン役を演じるユージン・ハッツは、
実際にニューヨークでカルト的な人気を誇るバンドのヴォーカリストで、
カルチャー・アイコンとして注目を集める存在らしいが、
私には馬面の白人男にしか見えなかった。
マドンナはショウビズ界を牛耳る白人男たちに
断固対抗してきた存在で、
その革新性を高く評価し続けたかったのだが...。
この映画の主人公のようなタイプが大金を掴むと、
独善的な価値観を押し付ける害虫のような存在になるのではないのだろうか?
それとも、彼のようなタイプは根が繊細で知的だから、
そうはならないのだろうか?
そこら辺の違いが、私には明確にわからない。

マドンナのライブツアードキュメントはすごく面白いのだが、
その中にツアーダンサーを決めるオーディション風景があった。
自己顕示欲の強いアメリカの若者の中でも、
選りすぐりのハリネズミ連中が集結、といった趣で、
間違っても近寄りたくない現場だが、
マドンナはそうした若者たちに、若き日の自分の姿を重ね合わせ、
強い愛情を感じているようだ。
今回の作品内の、スクリーンからはみ出そうな「俺、俺、俺」節を見るだけでも、
それは明白である。
ただそうした「我執」というのは、全世界の人口の中でもごく一部の、
表現に向かっている人間にとってだけ必要不可欠なもので、
組織に属し生計を立てる者にとっては、
注意深く取り扱わなくてはならない危険物なのである。
もう次回作の製作も決まっているという話だが、
本作で感じられた観衆との距離感を微妙に修正する努力をしないと、
スターの手慰みに終わってしまう危険を感じさせた1本である。

拍手[0回]

PR
女相続人  HOME  蜜の味

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]