忍者ブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:Touch of Pink
製作年:2004年
製作国:カナダ/イギリス
監督:イアン・イクバル・ラシード
出演:ジミ・ミストリー、カイル・マクラクラン、
クリステン・ホールデン=リード、スレイカ・マシュー



_____________________________________________

興が乗ったので、またゲイものを観てみた。
やおいっぽい邦題と暗いパッケージから、
ダンディなカイル・マクラクランと
若者の悲恋物語を想像したのだが、全然違う。
映画よりテレビドラマなんかで放映されていそうな、
所請ハートフル・コメディである。

ユニークなのは、この映画の舞台となる英国/カナダの両社会で、
主人公が二重のマイノリティであること。
ゲイであるだけではなく、インド系なのである。
監督は自分自身の背景を、主人公に直球で投影したようだ。

しかし主人公にはイギリス人の彼氏がいて、仕事もあり、それなりに幸せである。
そこで監督は、国籍マイノリティの側面を、母親に多く背負わせた。
ゲイの息子がカムアウトして人生を謳歌するだけでなく、
母親が同国人コミニュティ内で虚勢を張るのを止め、
人生をやり直す過程を併走させたのである。

セクシュアリティをめぐる母子の相克は、
20年前『トーチソング・トリロジー』で、
とっくに、極めつけに描かれており、もはや見飽きた感すらあるが、
スポットライトはその後も、ゲイの息子のみに注がれ続けてきた。
通常のゲイ映画よりも丹念に、
息子のカムアウトを受けた母親の人生を描いた点で、この映画は新しい。

マジョリティは「自分が普通だ」と思い込んでいるからこそ、
マイノリティに、自分の幸せを押し付けてくる。
しかしこの映画に登場する母親は、自身も国籍マイノリティを背負ってきた存在だ。
そう鑑みれば、ハッピーエンドにも重みが増してくるというもの。
この作品では、ゲイの息子を持つ母親が、陰の主役なのである。
ハル・ベリー並みに美しいインド出身の女優、
スレイカ・マシューを起用したのも、納得。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]