忍者ブログ
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:I Love You Phillip Morris
製作年:2009年
製作国:フランス
監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
出演:ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、
レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ



__________________________________________

実在した詐欺師の半生を描いた作品。
全体的にコメディタッチなのでうっかりフィクションと思いがちだが、
劇中で繰り広げる詐欺から脱獄の手口まで、ほぼ事実というのがすごい。

その詐欺師、スティーヴン・ジェイ・ラッセルという人物には、
警察官としてのキャリアがあり、就業当時、データベース化されている
国民のプロファイルを、何らかのかたちで改ざんする術を身につけたらしい。
彼の華麗なる犯罪歴は90年代に集中しているようだが、
警察機関が本格的に導入したシステム環境を、
見事に悪用しきったケースなのだろう。
犯罪歴のある人間がまんまと大会社の要職にありつき、
信用を得たところで横領を働くなんて、すごすぎる。
その天才的な犯罪術は獄中でも存分に発揮され、
驚くほど大胆な手口で、幾度も脱獄に成功している。
彼の天性と、ずさんな米国の管理システムが絡み合って生まれた、
犯罪の芸術と呼んで差し支えないだろう。

この作品は、彼の半生を追ったノンフィクション書籍を
ベースに製作されている。
原作の論調は恐らく、一連の犯罪の由来を彼の不幸な幼少期に置き、
好意的に、アンチヒーロー化しているのではないかと思う。
実際彼は殺人などの残虐行為に走ったわけではなく、
その知性をまっとうな方向に発揮していたら、
それなりの実績も残せた人物であるに違いない。
これはこれで「あり」な視点だが、
その大胆不敵な犯罪の分析と、統合失調的なパーソナリティに焦点を当てた、
ハードボイルドな作品も作れそうな題材かと思う。

個人的には、今年初めて劇場で見た作品。
ゲイものだったので彼氏を伴って出かけたが、
映画館にはあまりゲイをみかけなかった。
同列によく笑う妙齢のノンケカップルがいたが、
「こんなつまんないとこで、そんなに笑う?」という感じで、
まだまだツボがおわかりになっていないご様子。
使用されている音楽にもオカマ心に響くものは特になく、
全体的に、ゲイものならではの演出は控えめだ。

そんな中絶賛したいのは、ユアン・マクレガー。
もともとナイーヴな青年役のイメージが強い彼だが、
ウケのゲイにあるひとつの類型を、非常によく研究してきていた。
身の回りにゲイがいない人の目にかかると、
サラッと流されそうなのが心配なほどの、名演技。
僕の目には、途中から友だち(外専)の姿が完全にオーバーラップしており、
「あ~いるいる、こういう子!」と、思わず唸ってしまった。
感情の発露から小首の傾げ方まで、
成り切るというか、憑依の域に達している感じなのである。
思わず、役者としての彼を強くリスペクトした次第。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]