忍者ブログ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:COMBIEN TU M'AIMES?
製作年:2005年
製作国:フランス
監督:ベルトラン・ブリエ
出演:モニカ・ベルッチ、ベルナール・カンパン、
ジェラール・ドパルデュー、ジャン=ピエール・ダルッサン



________________________

娼婦が主役の映画は好きで、よく観ている。
勝手に”娼婦もの”とか呼んでいるのだが、
『コールガール』とか『エヴァの匂い』とか『バターフィールド8』とか
『愛すべき女々たち』とか『ガール6』とか『ボンテージ』とか
『死んでしまったら誰も私のことなんて話さない』とか....
ほかにもた~くさんあって、作品により娼婦の描き方もさまざまだ。
本作は、『美しすぎて』を観て気に入ったベルトラン・ブリエ監督の、
現時点での最新作。
こちらも”娼婦もの”と呼んで差し支えない内容だった。

セックスというのは不思議なもので、その場のイニチアシヴを握ったときに、
大きな達成感を得られることがある。
並外れて容姿に恵まれた女が、
それを武器に男や金を支配したくなるのも、理解できない話ではない。
しかし先進国では、まっとうな労働により、
女性が男性以上の収入を得られる時代である。
もはや「他に仕事がない」という言い訳は、通用しない。
要するに怠惰で、マテリアルや金に目がない女であることを自認するくらいの甲斐性が、
娼婦自身にも求められているのである。
頭のいい女だったら、「私は好きでこの職業をやっている」と理論武装し、
気の利いた理由を2、3挙げて、「なぜ」という質問を煙に巻こうとするだろう。

そんな女に惚れた男はどうしたらいいのか。

本作の面白さは、男が一世一代の賭けへ打って出るところにある。
その意味で、”娼婦もの”だけれど、男性が主役でもある映画だ。
一度観終わった後で、もう一度初めから観てみると、
男のしたたかさが浮き彫りになり、ゾクゾクとしてくる仕掛けなのだ。
敗北主義を掲げる”自称・草食男”には、ぜひ観てもらいたい。
もちろん、執着にまみれて悪臭を放つ女とかゲイ(はい、僕のことです)が観ても、
勉強になることは請け合い。
やっぱり、恋は闘いなのだ。
イイ女(男)をゲットしたいなら、純愛だけでは通用しない。
戦略を立てるぐらいのしたたかさが必要なのである。

希代の娼婦を演じるのは、”イタリアの宝石”と呼ばれるモニカ・ベルッチ。
『マトリックス』シリーズなんて観る気もないので、
じっくりと鑑賞したのはこれが初めてだった。
スパイク・リーの『セレブの種』に出ていたけど、客演ぽかったし……。
豊満なイザベル・アジャーニといった印象だが、華があるのは確かだ。

演出はコメディと呼べそうなほどユーモアたっぷりで、楽しいできばえ。
モニカをはじめ、常連のジェラール・ドパルデューや、
隣人役のファリダ・ラウアジの演技がおかしくて、
途中何度も噴き出してしまった。
恋路を邪魔する人間たちも登場するが、
その行動は、結果としてふたりの絆を深めてしまう。
第三者の介入がよき助けとなるのもまた、恋愛の真理なのである。

しかしこの監督は、ありきたりなハッピーエンドが本当にお嫌いなご様子。
本作もすんなり終わらせようとはしないのだが、それも個性だろう。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]