忍者ブログ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:Entre Rojas
製作年:1994年
製作国:スペイン
監督:アスセナ・ロドリゲス
出演:ペネロペ・クルス、クリスティナ・マルコス、
マリア・プヤルテ、アナ・トレント、カルメロ・ゴメス



_________________________________________

スペイン映画は、アメリカやフランス映画に比べると、
日本に入ってくる本数が圧倒的に少ない。
しかしスターがひとり産まれるだけで、状況は変わる。
本作は、ハリウッドで成功する以前の
ペネロペ・クルス主演作だったお陰で、
めでたく日本でも鑑賞できるようになった。
劇場公開はなくても、DVDの版権を獲得しようという動きが生まれ、
90年代のスペイン映画が観れるようになるのだ。
大変ありがたい、ペネロペ万歳!

しかしこの邦題、何だか胡散臭くていただけないなぁ。
セクシーなシーンは皆無の、至って硬派な映画なのにね。
女優=エロティックという公式を打ち立てなければ売れない、
と考えている制作会社の体質って、一体いつになったら改まるんだろう?

本作の舞台は、独裁政権下の70年代。
僕の大好きな『死んでしまったら私のことなんか誰も話さない』も
そうだったが、90年代のスペイン映画には、
体制に立ち向かった活動家たちを讃える、
骨太のヒューマン映画がよく制作されている。
これは恐らく、監督たちの”世代”によるところも大きいのだろう。

物語は政治犯が収監されている女性房で展開していくのだが、
日本人の僕が想像するより、スペインの刑務所はずっと自由な雰囲気で、
囚人たちもどこか朗らかに描かれていく。
時に爆発する不満や怒りの表現でさえ、とても情熱的で、
またまた強いエキゾチズムを感じてしまった次第。
世間知らずのお嬢が政治に巻き込まれ、刑務所に入れられ、
やがては高潔な闘士の微笑を浮かべるようになる展開が力強く、
鑑賞後には静かな感動に包まれた。

個人的には、脇を固める俳優陣に、
見憶えのある顔が増えてきたのも嬉しい。
本作では、先述の『死んでしまったら~』で主人公の義母役を演じていた、
ピラル・ハルデム(ハビエル・ハルデムの実母。
つまり、ペネロペにとっては未来の義母!)や、
セクシーなカルロス・ゴメスらの姿を確認できた。
元渋谷系諸氏ならピクリと反応するであろう、
アナ・トレント(『カラスの飼育』)が、
看守役ですっかり大人の女性に変身した姿を見せてくれたのも、驚きだ。

ペネロペ主演映画DVDには、まだたくさんあるので、
手っ取り早くスペイン映画を観たいときに、
そしてスペイン映画独特の解放感を感じたいときに、最適。
本作を観て、未見のものを鑑賞するのがますます楽しみになってきた。


ポチッとしてくれたあなた、テ・キエーロ★

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]