忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:LOVE AND DEATH ON LONG ISLAND
製作年:1997年
製作国:イギリス
監督:リチャード・クウィート二オースキー
出演:ジョン・ハート、ジェイソン・プリーストリー、
フィオナ・ローウィ



_________________________________

『ベニスに死す』へのオマージュがたっぷり!
社会的地位の高い、ダンディな初老の英国紳士が、
スクリーンで見かけたアメリカン・アイドルを狂おしく恋慕う物語である。

30代にもなると、「そろそろ老後を考えなければ」と思ったりするが、
特に厄介そうだと今からうんざりなのが、性欲や愛欲の処理問題である。
微笑ましいプラトニック・ラブでも、シルバー・セックスでも、
同年代同士ならまだ問題は少なそうだが、
親子ほど開いた齢の差を埋めようとする暴走は、周囲への脅威ともなりかねない。
どのみち老醜を曝すなら、
せめて洗練された恋愛ゲームを演出するぐらいの”年の功”は発揮したいものである。
そのためにはやはり、若いうちに社会的地位を確立しておく努力が、
最低限必要となるだろう。

本作の主人公で高名な文学者のジャイルズ氏は、
若さへの憧憬もあいまって、老いらくの恋へとのめり込むが、
自らの気持ちに振り回され気味だったアッシェバッハ先生に比べ、
アプローチがクール。
偶然の力に頼りながらも、自らのセールス・ポイントを冷静に演出し、
マイ・アイドルとの距離を的確に詰めていく。

こうした展開は『ベニスに死す』よりも現代的で、
コメディタッチの演出に頼る場面も数多くみられた。
しかし鑑賞後には、かの名作に劣らぬロマンチックな印象が残り、
さらに「やるだけやった」満足感までを漂わせるところが、なんとも爽快である。

そして声を大にして評価したいのが、キャスティングの妙。
逞しいバディに愛くるしい童顔のジェイソン・プリーストリーは、
ゲイへのアピール度が極めて高い。
ジャイルズ氏にとっての『ホット・パンツ』シリーズよろしく、
僕も『ビバリーヒルズ高校白書』には全く興味がないのだが、
彼のベビーフェイスだけは強く印象に残っていた。
本作がなければ、今後も彼の演技を目にすることはなかったと思うので、
貴重な機会としてありがたく受け止めた次第。
またジャイルズ役のジョン・ハートは過去に『パートナーズ』という作品で、
ゲイ役を経験済み。
こちらをすでに観ていた人にとっては、さらに楽しめる映画となるだろう。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]