忍者ブログ
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:BATON ROUGE
製作年:1988年
製作国:スペイン
監督:ラファエル・モレオン
出演:ビクトリア・アブリル、カルメン・マウラ、アントニオ・バンデラス、
ノエル・モリーナ、ラファエル・ディアス


___________________________________

Yahoo!映画とか、映画.comとか、ONTVとか、
ネット上で自分の観た映画をデータベース化できるサイトは、結構ある。
便利なのでよく利用しているのだが、たまに登録されていない作品があったりすると、
がっかりするというか、鼻白んでしまう。
しかし上記3サイトのどこでも引っかからない作品というのは、これが初めてだった。
すごくよくできたサスペンスなのに、なんでだろう。
日本でも一応、ビデオ化されているのに……。


late 80'sのスパニッシュ・ロマンス、ビクトリア&アントニオ


本作に主演しているビクトリア・アブリルとアントニオ・バンデラスは
80年代後半~90年代のスペインを代表するスター。
本作のほかにも、『凶弾』、『ボルテージ』、『アタメ!』の
計4作品で共演を果たしており、
同世代のベスト・カップルとでも呼びたくなるような存在感を振り撒いてきた。

『アタメ!』でアルモドヴァル監督の強烈な個性の下、
伸び伸びと演技する二人の姿は最高。
『凶弾』はバンデラスに比重の置かれたアンチヒーロー映画で、
アブリルは添え物的な扱いに甘んじている。
『ボルテージ』は、フランコ政権下に花開いた悲恋関係を描く硬派な作品で、
監督は『アマンテス』『危険な欲望』でもアブリルと組んだ、
ビセンテ・アランダである。

ベストを選ぶとするならば、やはり『アタメ!』、
という意見は変わりようもないのだが、
本作もよく練られた脚本が素晴らしい、上級のサスペンスであった。
大金を中心にめぐらされる男女の策謀が交錯し、
一転、二転、三転していく展開は、スリリングのひとこと。
プロット重視の脚本には、大抵どこか”穴”があるものだが、
本作からは矛盾らしい矛盾が感じられなかった。

前半には、怒涛のラストに向けた伏線が多数散見されたが、
中でも印象に残ったのは、
バンデラスがアブリルに向かって訝しげに放つ、
「お前、本当に男が好きか(レズビアンなんじゃないのか)?」という台詞。
たった一行のセンテンスが、これほど多くのものを表現するというのも、
ちょっとした驚きで、言葉や脚本の持つ力というものを、再認識させてくれた。
この見事な脚本は、監督自身と、アウグスティン・ディアス・ヤネス
(『ウェルカム・ヘブン!』の監督)の手によるものである。


日本版ならではの”ウリ”が


また本作には、もう一人のスター、カルメン・マウラが登場している。
彼女もアルモドヴァル作品で知名度を上げた女優だが、
大して美しくもない容姿をフル稼働させて体当たりしてくるような、
エネルギッシュな実存がいかにもスペイン、という感じ。
本作でも老いらくの恋に燃える中年女の姿を、存在感たっぷりに演じている。
この3人の競演というだけでも、スペイン映画ファンは必見の作品なのだ。

邦題は何だかなぁ、という感じだが、これもスペイン映画を捌こうとする側の、
使い古された常套手段なので、いまさら物申す気力もない。
腐女子やゲイへのアピールポイントとして、
数秒間、バンデラスのフルヌードが拝めるシーンがあることを書き加えておく。
ボカシなし、フトマラだった。

ポチッとお願いいたします★

拍手[0回]

PR
彼岸花  HOME  七夜待

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]