忍者ブログ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:IL Futuro e Donna
製作年:1984年
製作国:イタリア/フランス/西ドイツ
監督:マルコ・フェレーリ
出演:オルネラ・ムーティ、ハンナ・シグラ、ニエル・アレストラップ



___________________________________

タイトル通り女性礼賛の映画なのだが、いまひとつピントがずれている。

とりあえず男性は情けないキャラしか登場しない。
意味もなく妊婦を神秘化している。

そんなつまらないお膳立てをしないと女性を賛美できないなんて、
ちょっと浅薄な感じ。
一応まともな職に就いてはいるが、
どうみても堅気ぽくないカップルとその共同体に、
異分子のジプシー妊婦が絡んでいくというのが大筋。
ストーリーはヤクザカップルの生活習慣を軸に展開するので、
全体がどうにも自堕落で締まりがない。
ま、80’sにおける反体制的な姿勢と空気を表現するとこうなる、
といえるのかもしれないけど。

と、軽くコキおろしてみたが、映像的には面白い試みが散見されるので、
そこはしっかり評価したい。
冒頭のディスコシーンにおける、照明を駆使した演出は、
いかがわしさ満載で素晴らしかった。
再評価の波は特に訪れそうもないハイエナジー・サウンドも、
当時の舞台設定の中で聞くと、病んだ都会の病巣をえぐるような
鋭さを湛えている。
また唐突に登場するガルボとディードリッヒの巨大な頭部は、
いかにも映画的。フェリーニへのオマージュのようでもあった。

近年の映画は、予算が少ないのかもしれないが、
どうにも平坦な撮り方が主流になっている気がするので、
こうした荒唐無稽な演出の伝統というのを、ぜひ見直してほしい。
ハリウッド的にならない方法なら、いくらでもあるはず。
ガルボとディードリッヒの頭部の間に座るハンナ・シグラが
素敵で、まさしくスチール向けの絵になっていた。

というわけで、今回の鑑賞の動機はもちろん、ハンナ・シグラ。
ファスビンダー作品に出演している伝説の女優という感じだが、
この映画の製作当時でも、まだ40代ぐらいだと思う。
最近は活躍の噂を聞かないが、もう引退してしまったのだろうか。

この監督とは何本か仕事をしていたようで、
イザベル・ユペールと競演する『ピエラ 愛の遍歴』
も最近観たのだが、両作ともイタリア語映画で、
声は吹き替えっぽいのが残念。
作品全体の印象は本作と似たり寄ったりかな...。
ま、監督の作風に個性があることは認めるので、
またいつか観たくなることもあるかもしれない。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]