忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

製作年:1970年
製作国:日本
監督:吉田喜重
出演:岡田茉莉子、細川俊之、楠侑子、
原田大二郎、伊井利子



________________________________

ATG、吉田喜重とくればアートしちゃってるんだろうなと思いつつ、
つい手を伸ばしてしまった作品。
165分と長尺だが、未公開シーンを加えてさらに長く、
ディレクターズ・カットに近い体裁を整えたDVDも、発売されているようだ。

しかし飽きさせない内容だった。
三島由紀夫の戯曲ばりにデコラティヴな台詞、
計算された画角、大正モダンなインテリア、
そして過去と現在が入れ子状になった構成……。
こうした作風を見慣れていないと面食らうだろうが、
いまとなってはヌーベルヴァーグ同様、所詮様式美のひとつだ。

「結婚は私有財産制を助長し、真の民主主義を遠ざける行為だ」
という台詞が、鑑賞中一番印象に残ったのだが、
本作は実在の事件をモチーフに構築されている。
大杉 栄という共産主義者が、上記のような信条を元に、
妻を含めた女3人と平等な関係を同時進行させようとし、
結局まとめきれなくなって引き起こした『日陰茶屋事件』だ。

僕はこの事件について、また大杉 栄という人物について
全く知識がなかったのだが、
彼は『日陰茶屋事件』で一命を取りとめたのちに、
今度は軍人の手によって、愛人ともども虐殺されるという、
厳しい運命をたどっている(『甘粕事件』)。
僕が観た劇場公開版には、『甘粕事件』の場面は挿入されていなかったが、
これは意図したものなのか、それともカットされたのか、わからない
(タイトル的には、片手落ちなので……)。
とにかくこれらの事件について鑑賞前に調べておくと、
作品内のデティールがより明確に腑に落ちてくることを、付け加えておきたい。

それにしても共産主義思想には、いま聞いても充分に新鮮な主張が、
数多く込められている。
しかし生身の人間の手によって動かされると、
内実が伴わなくなってくるんだなぁ……、としみじみ。
中国の文革、そして日本の学生運動も然りだと、
観る者が複雑な心境に陥るのを見透かしたような、作風でもあった。

吉田監督のミューズ、岡田茉莉子は、
華があるけど二重顎。これが結構気になる。
しかしこの時代の細川俊之は、本当にハンサムで色男だ。
彼が大杉 栄を演じているからこそ、飽きずに観れた、というのもある。


ポチッとお願いします★

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]