忍者ブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:What A Way To Go!
製作年:1964年
製作国:アメリカ
監督:J・リー・トンプソン
出演:シャーリー・マクレーン、ディーン・マーティン、
ポール・ニューマン、ロバート・ミッチャム、
ジーン・ケリー、ディック・ヴァン・ダイク



_________________

エンターテインメント精神が満開のハリウッド映画。
「この調子で2時間はキツイかも」と思いながら観ていたけど、
オムニバス映画のような体裁で飽きさせない。

無声映画やモダンアート、そして富豪の生活までを
徹底的に茶化す手法は特に新鮮でもないのだけれど、
悪趣味に写らないのは愛嬌たっぷりのヒロイン、
シャーリー・マクレーンのお陰か。
ガルボやディードリッヒなど、神秘的な美人女優の系譜に属するのではなく、
無邪気さを振りまく愛らしいタイプの人気路線を引き継いで成功。
現在まで活躍している息の長い女優だ。
このテのコメディによく出演したモンローほど美人ではないが、
ヘップバーンより豊満で、最近のスターだと、どこかビョークにも似た、
溌剌とした存在感が魅力的。
本作ではイーディス・ヘッドの手による華やかな衣装を次々と身に纏うだけでなく、
ジーン・ケリーによる高度な振り付けも完璧にこなして、芸達者なところを披露している。
そちらの路線では『スゥイート・チャリティ』が代表作になるのだろうが、
本作はミュージカルが苦手な人でも楽しめる内容になっているので、ご安心を。

実は先日、ATGの『告白的女優論』を観て、
何か書こうかと思っていたのだが、どうも気が乗らなかった。
女優という華やかな職業に準ずる女性の、
複雑な背景に焦点を当てようとする試みは、全然悪くないと思ったんだけど……。
まぁタイトルに期待しすぎた僕も悪いのだが、
頭でっかちなノンケが「女優」をテーマにした作品を撮ると、
どうしてこんな、不味い料理みたいな映画になってしまうのかとガックリ。
本作はいい口直しになってくれた。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]