忍者ブログ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:Accident
製作年:1967年
製作国:イギリス
監督:ジョゼフ・ロージー
出演:ダーク・ボガード、スタンリー・ベイカー、ジャクリーヌ・ササール、
マイケル・ヨーク、ヴィヴィアン・マーチャント、デルフィーヌ・セイリグ



_________________

久々にジョゼフ・ロージーの監督作を観た。
この人は本来の職務に忠実なのか、
人柄のようなものがあまり表に伝わっていないが、
なにげに巨匠で、個人的にも好きな監督。

アメリカ人だが共産主義者でイギリスに亡命し、
以降ヨーロッパで作品を創り続けたという経歴の持ち主らしく、
一見秩序だったメロドロマに見せかけながら、
屈折した登場人物を執拗に描く、修羅場の多い作品が印象的だ。

安定した社会的地位をキープしつつ、何とかモラルから逸脱しようとする
狡猾な人物たちを皮肉っぽく描いた本作にも、
不穏な雰囲気は漂いまくり。

若く快活な貴族の周囲をうろつき、
隙あらばおこぼれを掠め取ろうとするインテリの醜悪さが特に際立つが、
監督の出自を鑑みれば、英国貴族へも同様に皮肉な視線が
投げかけてられていることは、容易に想像がつく。
やはりダーク・ボガード主演で撮った『召使』に登場する貴族より
明るく健康的に描いてはいるものの、
所詮犬死に程度の扱いにとどめる采配はなんともハードボイルド。
思わず背筋が寒くなりそうだ。

しかしテーマが何であれ、なるべく深く突き詰めていこうとする姿勢、
そして全編を通し安定した絵作りが、とても素晴らしい。
やはりこの時代に名を遺した監督の作品は、
総じてクオリティが高いことを再認識。「映画を観た」って感じだった。

それにしても僕、ジョゼフ・ロージー監督で
リズとミア・ファーロウ出演の『秘密の儀式』が見たいんです!!
しかし、とにかくソフトが高い。
何十年も前の作品に7.000円とかつけんなよ!
最新作だって3.000円ぐらいで売ってるんだよ!
しかもレンタル禁止とか、ホント、キングレコードうざい!!
映画ファンの味方と見せかけて、実は敵なんですよ、あいつら。

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]