忍者ブログ
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
こんな映画も、レビューしてます★
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
lulabox
性別:
男性
自己紹介:
30代の編集者/ライター。ゲイ。映画、音楽大好きですが、仕事では書く機会がなく...。ので、こちらでは趣味全開にしちゃいます。
popdorianz@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
映画はエンターテインメントでありつつも、アートフォームであって欲しいと願っています。    同じような気持ちで映画を観ているひとの慰みになれば幸いです★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題:El Pasado
製作年:2007年
製作国:アルゼンチン/ブラジル
監督:ヘクトール・バベンゴ
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、アナリア・コウセイロ、
アナ・セレンターノ



___________________________________

メロドラマ、されど...

久々に観た南米映画なのだが、すごく洗練されていて、
鑑賞している間中、雰囲気に酔いまくってしまった。
ブエノスアイレスのカラフルでありながら、
どこかセピアがかった妖しい色彩が上手に表現されていて、
特に夜の場面の照明の美しさは、強く印象に残る。

12年間連れ添った夫婦が離婚後に繰り広げる、
ドロドロの愛憎劇を描く映画なのだが、
メロドラマぽく見えてはこない。
何か悪いことが起きそうなサスペンスの緊迫感は、
終始つきまとうのだが...。
登場人物の誰かを悪者に据えることでクライマックスを目指すより、
それぞれの心理の変遷をじっくりと追うことに主眼を置いた作品だからだろうか。


男と女の後朝

女は納得ずくで離婚したにもかかわらず、
未練タラタラ男にすがりつき、ストーカー行為を繰り返す。
そして時に、意味深長な言葉を垂れ流していく。
 「逃げることと新しい人生を探すことを混同しないで」
男はこの言葉を否定しきれず、いつしか精神のバランスを崩してしまう。

「女を踏み台にして成長していきたい」と願うのが男のエゴなら、
「自分を捨てた男を取り戻したい」と願うのは、女のエゴ。
ひとつの作品内で、そのどちらも実現させようとバランスを図る試みが野心的で、
映画全体に品格のようなものを投げかけていた。


ガエル、リスペクト!

ヘクトール・バベンゴは『蜘蛛女のキス』が有名なベテラン監督だが、
本作の日本公開が実現したのは、
ガエル・ガルシア・ベルナルの主演によるところが大きいだろう。
ハリウッド進出も果たしており、国際的に知名度の高い俳優だが、
大作系への出演においても脚本選びが慎重で、
ラテン系代表のような役柄を演じていることが多い。
例えばスペインのバンデラスのように、ハリウッドに拠点を移して、
アホ映画でもなんでも断らないタイプとは、根本が違うようだ。

首の短い豆タンク型で、母性本能をくすぐる美青年なのだが、芯はしっかりしている。
監督業に進出したり、
同郷のディエゴ・ルナと製作業に乗り出したり、と精力的な活動を見せており、
あくまで故郷・南米映画の活性化に身を捧げる基本姿勢を崩さない。
尊敬に値する俳優だと思う。
とはいえ本作のように、俳優業に徹して巨匠と仕事をすることもある。
スペインでアルモドバルの作品に出演したこともあった。
ひとつひとつの動きに意味を持たせているところが、非常に聡明なのである。
未見の作品はチェックしなきゃだし、今後の作品も楽しみ!


ポチッとお願いします★

拍手[0回]

PR

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]